老化物質を遠ざける?


マンゴスチンダイエットは、
中年太りが気になっている人に有効的な方法です。

 

運動しても痩せにくくなっているのは、体の老化が関係していて、30代に差し掛かっていると体が糖化してしまっている割合が高くなります。

 

糖化は誰でも起こることで、毎日食事をしたあとは糖の量が増えて、体内にあるタンパク質と結びつくとAGEsという物質がつくられてしまいます。

 

AGEsは老化を促進させてしまう物質として知られていて、血管やリンパの流れを衰えさせます。

 

滞ると代謝が下がり、脂肪が燃焼されずに溜まりはじめて太っていきます。

マンゴスチンダイエットのメリット(効果)

マンゴスチンに含まれている
キサントンがAGEsに対して役立ってくれることです。

 

原産地において古くから民間療法に用いられてきた果物であり、ポリフェノールの一種であるキサントンが約40種類も含まれています。

 

とても高い抗酸化力が活性酸素を抑制することも知られていて、海外ではがん予防にマンゴスチンエキスを使うところもあるほどです。

 

マンゴスチンエキスを摂取し続けると、細胞に老化物質であるAGEsを近づけさせない働きで、血管やリンパの流れを維持することにつながり、中年太りの改善を助けます。

マンゴスチンダイエットのデメリット

フルーツであるマンゴスチンを食べ続けることは大変ですから、サプリメントによる摂取を検討する必要があります。

 

日本でもいくつか販売が行われていますが、値段に大きな差があるので気をつける必要があります。

 

抗酸化作用が期待できるマンゴスチンの成分は、あまり取り入れすぎると正常な細胞にも作用する可能性があるため、正しいやり方で取り組むことが大事です。

マンゴスチンダイエットのやり方

サプリメントを自分の好きなときに、1日の目安量分を摂取します。
生のマンゴスチンが手に入れば、そちらでもOKです。
カロリーに気をつけて摂取してください。

 

1日1粒で済むサプリメントは、成分が濃縮されてぎっしりと含まれているので、過剰摂取はしないようにする必要があります。体質によって、お腹がゆるくなる可能性があります。

<スポンサーリンク>