食事全体の摂取カロリーを抑える

いちごダイエットとは、お腹が空いたときにカロリーが低いいちごを食べることよって空腹を抑え、食事全体の摂取カロリーを抑えようといったダイエット法です。正しいやり方とは本来、空腹時ではなく食事の1〜2食をいちごに置き換えるといった方法です。

 

 

この場合はそれ以外の食事は好きなものを好きなだけ食べて良いことになります。

 

バナナやりんごのフルーツダイエットなどもこのようなダイエット法です。

いちごダイエットのメリット

いちごダイエットのメリットとは、いちごに含まれている栄養価が高いことがあげられます。
いちごは水分と食物繊維が豊富で、便秘改善や空腹を満たす効果があります。カリウムも含まれていますので、むくみの予防にも効果があります。スーパーややおやなどで購入できるという手軽さも魅力です。

いちごダイエットのデメリット

では、いちごダイエットのデメリットとは何があるのでしょうか。
それは「飽き」がきてしまい同じものを食べ続けることが難しいことと、いちごを食べ過ぎてしまうことがあげられます。飽きの対策としていちごにトッピングをするという方法もありますが、この場合は「いちごを食べることによってカロリーを抑える」といった本来の趣旨から外れてしまうためあまりしてはいけません。おいしいいちごの食べ過ぎにも注意を払う必要があります。

 

<スポンサーリンク>