食べ過ぎたら逆効果?


ブルーベリーはアントシアニンが豊富に含まれているので目に良いイメージが強くありますが、ダイエットにも効果があります。そこで、ブルーベリーダイエットのメリットやデメリット、ブルーベリーダイエットのやり方を説明します。

ブルーベリーダイエットののメリット(効果)

新陳代謝を上げることで痩せやすい体に変えられることです。

 

アントシアニンの力

アントシアニンは紫外線から守る抗酸化物質なので、体の酸化を防ぎ、新陳代謝を上げる効果が期待できます。

 

ダイエットにとって新陳代謝の状態はとても大事なので、効率よくダイエットをすることが可能です。
同じ運動をするにしても新陳代謝が悪い状態では、効果が大きく違ってきます。

 

せっかく運動してもほとんど効果なし。
こんな方のほとんどが新陳代謝が悪い状態なのです。

 

また、ブルーベリーはフルーツの中でもバツグンに食物繊維が豊富なので、お通じが改善されるメリットもあります。水溶性不溶性の食物繊維をダブルで得ることが可能です。

  • 水溶性食物繊維⇒腸内環境
  • 不溶性食物繊維⇒便秘
に好作用します。

 

便秘はダイエットにとって間違いなくマイナスなので、お通じの改善も高く評価できます。

 

また、ダイエットで注目されるのがポリフェノールです。
ポリフェノールには脂肪を抑える作用が確認されています。
また、脂肪分解の作用もあります。

 

ビタミンEは老化防止に良いとされています。

 

ただ、デメリットもあるのでしっかり認識しておいてください。

ブルーベリーダイエットのデメリット

食べ過ぎてしまうと逆効果だという点です。

 

ブルーベリーにも果糖が含まれているので、摂取量は必ず守らなければいけません。

 

食べ過ぎて逆に太ってしまったケースが少なからずあるので、食べ過ぎないように注意しながら摂ってください。

 

アントシアニンは1日に50〜100mg摂るといいので、ブルーベリーの摂取量は300gまでにしてください。

ブルーベリーダイエットのやり方

食事や間食で取り入れるだけです。
一日80個程度食べるのが有効とされています。

 

しかしながら、80個を食べるのは大変で果糖の問題も心配です。

 

その為
サプリメントを利用したり、スムージーに入れるのも良い選択だと言えます。

 

サプリメントでは
ブルーベリーアントシアニンの3倍を含むさとれるビルベリーサプリが人気ですね。

 

目の健康は、目の周りの血流アップにもつながり
ちりめんじわなどの防止にもつながります。

 

ダイエットと合わせて目の健康を維持するブルーベリーを有効摂取していきたいですね。

 

 

ブルーベリーを1番効率よく摂取するなら目に良いサプリがおすすめです。

 

めなり

  • スマホ、PCに特化した疲れ目対策サプリ
  • モニターコースでは、いつでも解約OK
  • 返金保証つき

【特徴】

めなりは、防ぐ力と守る力に着目した新しいタイプのアイサプリです。一番の魅力は、特許取得のビルベリーにあります。ビルベリーは眼をサポートする成分の代表格であるアントシアニンがブルーベリーの5倍、しかも業界トップクラスの配合量でたっぷり補えるとともに、眼の疲れをしっかりサポートしてくれます。その他にルテイン、ゼアキサンチンも高配合。ビルベリーと同時摂取することにより吸収力が高まる為、効き目が実感出来るサプリと言えます。防ぐ力をビルベリーで、守る力をルテインで、ダブルの効果で眼の疲れから解放されることが実感出来るサプリと言えます。

公式特設キャンペーンページ
>>http://sakura-forest.com/menari/

 

くっきりルテイン

  • W機能性表示食品
  • 黄斑色素を増やし光から目を守る
  • いつでも解約OK

【特徴】

黄斑色素を増やし、パソコンやテレビ、紫外線などの光ダメージを軽減するルテインサプリメントです。黄斑色素を増やす&コントラスト感度改善効果のダブル効果をもつ機能性表示食品です。

 

公式キャンペーンページ
実感の為には定期コースで継続!初回は税込1,000円です♪

 

クリアアイ

  • 機能性表示食品
  • ぼやけ、暗く見える場合向け
  • いつでも解約OK

【特徴】

クリアアイはルテインと言う成分が入っています。ルテインはマリーゴールドの花から抽出される成分です。これはパソコンやスマートフォンからのブルーライトから、眼を保護してくれる効果があります。また紫外線からのダメージからも守ってくれます。一日中屋外でスポーツをしているという人にも是非お勧めの商品です。また他にもビルベリーが配合されています。

【公式キャンペーンページ】
>>https://drinco.jp/lp/cleareye/

 

ブルーベリー&ルテイン

ブルーベリーやルテインという単語を知っている人は最近多くなってきています。それは様々な雑誌や情報番組などで眼に良い成分であるという事が情報発信されているのが理由です。ブルーベリーとルテインは同じような効果をもたらすものだとと考えられていますが、実際にはそれぞれに特徴的な効能があります。ブルーベリーにはアントシアニンが含まれており、強い抗酸化作用によって加齢による眼のかすみやぼやけなどに効果的とされています。一方ルテインは、失明の原因となる黄斑変性症や白内障などの改善に効果があるとされ、活性酸素によって傷つけられやすい眼の黄斑部を守る役目を担います。ブルーベリー&ルテインとは両者共に眼の疾患の改善や予防に期待が出来るため、積極的に摂取する事で良い結果をもたらす事も研究によって発表されている存在です。

 

目の疲れをとる成分


食品成分で目の疲れをとる方法が人気です。

 

ここでは機能性表示食品などに含まれいる目の疲れをとる成分についてまとめています。

アントシアニン

目の細胞の中には、ロドプシンという色素があり、外部の光を信号に変えて送るという役割をはたしています。脳に信号を送ることで物が見えるのです。ロドプシンは光が当たるたびに分解され、そして再合成するという過程を繰り返しています。アントシアニンはこの再合成を促進するため、目の疲れや視力の回復に役立つと考えられています。
血流改善効果もあるため、網膜の毛細血管が活性化、目の疲れが回復されやすくなります。高い抗酸化力もあり、活性酸素の働きを抑制して目の老化を予防します。

ルテイン

ルテインの成分はカロテノイドと呼ばれる色素の一種であり、眼の水晶体と黄斑部に多く存在するもので、高い抗酸化力があります。これにより眼の老化を防いだり、紫外線やブルーライトのような有害な光から眼を守る作用があります。
ルテインは即効性がないので摂取しても効果を感じにくい成分ですが、疲れ目や黄斑変成症、白内障の予防に効果的とされています。眼に重要ですが体内で生成できず、そのままでは不足してしまうので食物などから摂取して補う必要があります。

ゼアキサンチン

目の疲れや視力の低下などは加齢や光ダメージによってもともと存在しているゼアキサンチンが徐々に消費されていくことになります。ゼアキサンチンの眼への効果を説明します。まず、眼に有害となる紫外線やブルーライトを吸収する働きを持っていて目の健康維持に必要です。また、網膜は活性酸素が発生しやすく目を酷使し続けることでドライアイなどを引き起こします。ゼアキサンチンは高い抗酸化作用で活性酸素を除去し、目の保護の働きがあります。

アスタキサンチン

エビやカニ、紅鮭などに含まれているアスタキサンチンの効果は、高い高酸化作用がある事です。ビタミンCやコエンザイムQ10と比べ圧倒的な高酸化作用があり、身体の様々な箇所で働く点が特徴です。眼への効果を説明しますと、眼の周囲にある毛様体筋の疲労、いわゆる眼精疲労を改善してくれます。仕事でパソコンに向かう事が多い方やスマホを頻繁に使っている方は、アスタキサンチンが配合されているサプリメントを定期的に摂る事をおすすめします。

クロセチン

クロセチンは、強い抗酸化作用を持っています。サフランやクチナシに含まれている天然色素になります。クロセチンの眼への効果を説明します。眼精疲労の軽減、血流を良くする効果、睡眠障害の改善と疲れ目からくる肩こりの改善に効果があると考えられています。世界各国では、生薬やスパイスとして使われていています。日本では、天然の着色料としてたくあんや麺に使われています。特にこの成分は、抗酸化作用が強く、機能性が高い事から世界中で研究が行われています。

DHA

DHAは摂取すると細胞膜に取り込まれてその細胞の柔軟性を高める効果があります。
そして網膜や視神経の細胞膜が柔軟になると網膜の伝達機能が上がり目が見えやすくなります。
そのためDHAを摂取することによって眼の状態が良くなるので、目の調子が悪い場合にはDHAを摂取した方が良いのです。
またDHAには血流を促進してくれる効果もあるので、目の周りの血行が良くなって眼精疲労や老眼にもしっかり応えてくれると言う利点もあります。

ビタミンB群の眼への効果

ビタミンB群の眼への効果を説明します。
ビタミンB群とはB1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンの総称のことです。ビタミンB1は眼の周りの筋肉の疲れを回復させ、さらに眼の神経を正常に働かせる働きもあります。ビタミンB2は眼の粘膜を健康に保ち、乾燥や充血から守ります。ビタミンB6は免疫機能を強化させる働きがあり、ビタミンB12は視神経の働きを高めます。ビタミンB群が足りないと、眼精疲労や視力低下、眼の炎症が起こりやすくなるので気を付けましょう。

βカロテンの眼への効果

ニンジンに多く含まれるβカロテンですが、それ単体では抗酸化力を持ち、身体全体の老化に作用する他、眼の網膜に多く含まれる視覚情報を脳に伝えるロドプシンという成分を構成しています。この成分を補いながら、眼を正常に維持する役割を持っています。
また、βカロテンは必要に応じてビタミンAへと変化する性質を持っています。ビタミンAは目に対するビタミンの代表として知られていて、目や粘膜を健康に保つ役割を担っています。

ビタミンCの眼への効果

目に感じる老化現象のほぼ全ては水晶体の厚みを変える筋肉が衰えてしまう事が起因となっているのですが、他の部位の筋肉のように鍛えると肥大化したり機能が取り戻せるわけではありません。
ただし、水晶体のピント調整を取り戻すためにはビタミンCの栄養分が力強い味方になってくれるので、眼への効果を説明します。
ビタミンCの中には新陳代謝を促進させ、各部の組織を細胞レベルで再生させられる能力があるため、老化を食い止められるのです。

メグスリノキの眼への効果

メグスリノキは日本だけに自生していることが特徴の植物で、古くから点眼薬な洗顔薬などに用いられています。
その樹皮や幹、葉などには抗菌作用や利尿作用を促進する成分が含まれており、結膜炎をはじめ、かすみ目や老眼、近視など、眼の健康に有効です。
またそのほかにも利尿効果があるリテルペンやフラボノイドが含まれているだけでなく、葉に含まれる配糖体は動脈硬化の予防などにも効果があると言われています。
このことからもわかるように、メグスリノキは部位によって様々な効果を持っています。
眼の健康維持がしたい場合には、小枝や葉を乾燥させたものを摂取すると良いでしょう。

<スポンサーリンク>