ピタヤは冷える?


ピタヤ(ドラゴンフルーツ)はカロリーが低い上、様々な栄養素が豊富であるため、ダイエット食としても注目を集めています。

 

中南米や東南アジアなどをはじめ、世界各国で一般的に食べられている果物です。

 

実際のところ、沖縄でも生産されていますが、あまり市場に出回っていないため、日常的に食べている人は多くはないでしょう。

 

一般的なスーパーではあまり見かけることはありませんが、スーパーフードとしてその効果や効能が知られるようになってからは、日本においても以前よりも見かける機会が増えてきています。

 

スーパーフードという言葉が様々なメディアで取り上げられるようになり、近年、様々なスーパーフードが注目を浴びています。

 

その中の多くは私たち日本人のそれまでの食生活には全く馴染みがなかったものもあり、はじめて聞く名前の食べ物や果物も少なくないはずです。ピタヤ(ドラゴンフルーツ)もその一つではないでしょうか。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)ダイエットのメリット(効果)

デトックス効果や便秘改善にあります。

 

各種ビタミンの他、鉄分などの栄養素が豊富な上、とりわけ食物繊維が多く、デトックスや便秘改善の効果が高いと言われています。

 

便秘に悩んでいたり、お通じを改善したいと考えている人、むくみ対策をしたい人に適していると言えます。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)ダイエットのデメリット

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)を食べ過ぎることで、体を冷やしてしまったり、お腹を下してしまうことがあることです。

 

南国フルーツであるため、身体の熱を下げる力もあるようです。
適量なら問題ありませんが、食べ過ぎには注意が必要です。

 

どんなものであれ、ダイエットをする時に一つのものに偏ったり食べ過ぎは禁物です。

 

味についても好き嫌いがわかれるようです。

理想的なピタヤ(ドラゴンフルーツ)ダイエットのやり方

そのままカットして食べても十分美味しいのですが、おすすめの方法はスムージーです。

 

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)とキウイ、パイナップルなどと合わせて少量の水を加えてミキサーにかけるだけでスムージーの完成です。

 

すっきりとした甘みもあり、朝食代わりに一杯飲むという方法で置き換えダイエットになります

<スポンサーリンク>