柿がダイエットの効果

柿は秋の季節の代表的な果物です。

 

その柿がダイエットによいという説があります。
本当に柿ダイエットによいのかを検証すべく、メリットとデメリットをチェックしてみましょう。

 

○柿ダイエットのメリットとは?

柿のカロリーは、100gにつき約60kcalであり、甘いにも関わらず決してカロリーが高いわけではありません。
リンゴよりも少しだけ高カロリーですが、バナナよりもだいぶカロリーが低いです。

 

そして、意外なことに、あの酸っぱいレモンよりもビタミンCを豊富に含みます。

 

ビタミンCは活性酸素を除去する効果があるためアンチエイジングや疲労回復、代謝の活発化の効果が期待できます。

 

目の働きや皮膚、粘膜の正常化を助けるビタミンAも含んでいます。

 

体内の塩分を体外に排出してくれるカリウムも含んでいるためむくみの防止、デトックスが期待できます。
他にも多種のビタミンやミネラルを含みます。

 

○柿ダイエットのデメリットとは?

どのダイエットでも同じですが、柿だけ食べ続けていてもダイエットには逆効果です。

 

栄養が偏りますし、特定の栄養素を過剰に摂取することによる、健康への悪影響があります。

 

 

例えば、
前述のようにカリウムを多く摂取すると体内の不要な水分を排出できますが、それにも限度があり、効果は限定的です。

 

そしてカロリーの過剰摂取につながります。
さらには柿に含まれるタンニンという物質が鉄分の吸収を阻害するために、貧血になりかねません。

 

柿自体に体を冷やす効果があるため体の燃焼を妨げる可能性もあります。

 

 

また、柿と言っても干し柿にはビタミンCなどの美容やダイエット効果が期待できる栄養素がなくカロリーも若干高くなるため、生のものを摂取しなければダイエットになりません。

 

柿がダイエットの結論

果物でのダイエットといえばバナナとリンゴと思われがちですが、柿を使ったダイエットもそれなりの期待ができると思われます。

 

ダイエットの敵である食欲の秋に、フレッシュな柿を適量食べるダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

<スポンサーリンク>