フルーツダイエットの方法の全てを解説しちゃいます!


ここでは

  • フルーツダイエットの方法や効果
  • 毎日続ける上で知っておくべき知識

をまとめています。

 

フルーツダイエットの効果って大丈夫なの?

フルーツダイエットの効果には

  • カロリー量を減らせる
  • 満腹感の持続
  • デトックス効果

などが挙げられます。

 

また、含まれる
酵素で基礎代謝UP(ダイエット、美肌)も目指せます。

 

つまり
キレイをキープしたまま体重だけ落とせる可能性が高いダイエット法なのです。

 

もちろんカリウムなどが多く含まれるフルーツも多いため
しっかりとした知識でコントロールしつつ行わなくては危険な場合もあります。

特に肝臓などに疾患を持つ方は注意が必要です。

 

ですが
常識的な量を食べる分にはメリットの方が多いのがフルーツダイエットになります。

 

果糖と酵素のバランスを考えて
ご自分に合ったフルーツを探すことが重要なダイエットになります。

スーパーフルーツダイエット〜メリット・デメリット


フルーツダイエットで注目されているのがスーパーフルーツです。

 

身体をサビさせる活性酸素を抑制する坑酸化作用が強く
食物繊維やビタミン、ミネラルが一般的なフルーツよりも豊富な種類を総称してスーパーフルーツとよんでいます。

これがスーパーフルーツです!!

スーパーフルーツの種類は多くあります。
それに伴いダイエット方法もさまざま。

 

ご自分に合いそうなスーパーフルーツを発見するのがダイエット成功への秘訣です。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)


>>ピタヤ(ドラゴンフルーツ)ダイエットの効果と方法

プルーン


>>プルーンダイエットの効果と方法

パッションフルーツ


>>パッションフルーツダイエットの効果と方法

マンゴスチン


>>マンゴスチンダイエットの効果と方法

ゴジベリー


>>ゴジベリーダイエットの効果と方法

マキベリー


>>マキベリーダイエットの効果と方法

アムラ


>>アムラダイエットの効果と方法

カクタスフルーツ


>>カクタスフルーツダイエットの効果と方法

アセロラ


>>アセロラダイエットの効果と方法

アサイーベリー


>>アサイーベリーダイエットの効果と方法

りんご


>>りんごダイエットの効果と方法

オレンジ


>>オレンジダイエットの効果と方法

バナナ


>>バナナダイエットの効果と方法

クランベリー


>>クランベリーダイエットの効果と方法

ブルーベリー


>>ブルーベリーダイエットの効果と方法

アボカド


>>アボカドダイエットの効果と方法

カムカムフルーツ


>>カムカムフルーツの効果と方法

 

などなど

 

その他

  • シーバックソーン
  • バオバブ
  • フルーツトマト
  • ラズベリー
  • ブラックベリー

などもあります。

 

ですが、実のところまだスーパーフルーツには明確な定義が存在せず、一概にこれですと指し示すことができないのが現状といえるでしょう。

スーパーフルーツのメリット

栄養価が高いことから食べるだけでサプリメントに匹敵することや栄養バランスが抜群によく低カロリー、何より老化予防や美肌対策に必要な坑酸化作用の働きが強いことがあげられます。

 

残念ながら良い部分のみとはいきません。

スーパーフルーツのデメリット

フルーツからでる酸による影響で

  • エナメル質にダメージを与える酸触歯に陥りやすくなること
  • 胃が弱い人ではダメージが及ぶこと

がありますが、食べた後は口をゆすいだり、体調が優れないときは刺激の強いシトラス系のフルーツを避けるなど適切に摂取すれば防ぐことが可能となります。

 

それともうひとつ、ほとんどは低カロリーとよべますが稀に高カロリーフルーツもありますので、食べ過ぎに注意し、適切な量をとることで改善されるでしょう。以上の点に気をつけおいしくスーパーフルーツを摂取し、アンチエイジングをめざしましょう。

フルーツに含まれる酵素の効果

スーパーフルーツに限らず、フルーツの最大のメリットとして
酵素があります。

 


酵素の効果とは、ズバリ
基礎代謝のアップです。

 

酵素って?

人間がエネルギーを得るために食べ物を摂取すると体の様々な部分に栄養分が振り分けられます。

 

やがて、その栄養は消化して排出されるのですが、その消化をサポートする栄養分解成分が酵素です。

 

人間に必要不可欠な存在です。酵素不足が病気につながるといった見解もあるほどです。

痩せにくいのは酵素不足のせいです。


加齢と共に基礎代謝が低下し、太りやすく、痩せにくい状態になるのは
酵素量の低下によるものです。

 

体内では2つの

  • 消化をサポートして栄養を体内に吸収させる酵素
  • 摂取した栄養素で得たエネルギーで体内のあらゆる機能が元気に活動するための酵素

が存在します。

 

どちらも必要不可欠なのですが、体内で常にこの2つの酵素は栄養分を必要としており、
どちらかに多く使われてしまうと一方が不足してしまい、酵素不足なると所々で体内バランスの乱れを引き起こします。

 

酵素不足は加齢でも急激に進みます。
特に20歳を過ぎて減りはじめ、30歳を過ぎると一気に減りだします。

 

 

つまり、
太りやすく、痩せにくくなります。

 

 

そうならないためにも、双方のバランスを保つ栄養の摂取が必要なのです。

 

ですが
体内で作られる酵素には限界がありますので
酵素自体も外部から補う必要が出てきます。

 

ここでフルーツダイエット登場というわけですね。

フルーツダイエットでも、食べ過ぎは果糖の摂り過ぎで逆効果


発酵食品や生野菜、そしてフルーツに含まれる食物酵素は

  • 消化を助ける
  • 代謝機能を高める
  • 老廃物を排出する
ことで相乗的に便秘や肌トラブルも解消し美肌にも効果があります。

 

フルーツと言えば、リンゴやバナナ、キウイ、アボカドなどがその代表ですが、上手に摂取するには生でジュースにしたり擦りおろしたり、そのまま食べるのが良いのです。

 

ただ酵素は熱に弱いので温めると弱まり、
また、生で食べる場合には食べ過ぎると冷えてしまい逆に体内の代謝機能は弱まってしまうので注意が必要です。

 

ここがフルーツダイエットの難しいところです。

 

酵素の健康食品やダイエット食品も多いですが、
オススメなのは加工の段階で酵素に強い熱を与えていないものです。

フルーツ食べすぎて果糖を取り過ぎたらどうなるの?

大きな健康問題としては
糖尿病膵臓障害があります。

 

フルーツダイエットを行う上で大切な事になるので
詳しく説明していきましょう。

果糖と砂糖の違い

まずは、果糖と砂糖の違いを知りましょう。

  • 調味料として料理に使うことの多い砂糖
  • 加工食品に用いられることが多い果糖(フルーツに含まれる糖)

はどちらも糖の一種ですが、よく調べると果糖と砂糖は全く異なることがわかります。

 

たとえば、
果糖と砂糖の違いとは結合している糖の分子の数にあります。

 

糖とは炭素を中心として複数の原子が結合てつくられる有機化合物の一種です。

 

糖はブドウ糖のように一つの分子のみで成り立っている単糖類と2つの糖が結合している二糖類、多数の糖が結合してできる多糖類があります。

 

果物に多く含まれている糖である果糖は、ブドウ糖と同じ単糖類の一種です。

 

これに対し、
砂糖はショ糖という糖の一種で、ブドウ糖と果糖が結合した二糖類の一種です。

 

1つの分子のみで構成される果糖と2つの糖の分子が結合した砂糖(ショ糖)は、1粒の大きさにも違いがあるわけですが、甘みの感じ方でも違いが顕著です。

 

果糖は甘みにコクがあって甘みが強いのが特徴です。

 

少量でも甘みを感じやすいのでジュースや清涼飲料の甘味料として用いられています。

 

ショ糖はコクのある甘みの果糖とさっぱりした甘みのブドウ糖がミックスされているので、ほどよい甘さが特徴です。
クセが少ないので調味料に適しています。

 

このように果糖と砂糖は顕著な違いがありますが、いずれも食べ過ぎると生活習慣病の原因になるので過剰摂取には注意しましょう。

 

フルーツダイエットでは酵素のチカラが大切ですが、果糖の摂取しすぎは逆効果になることも。

 

果糖の摂り過ぎによる膵臓への影響

果糖の摂り過ぎは糖尿病を引き起こし、膵臓ガンのリスクを高めます。

 

チョコレートやケーキにたっぷり含まれている上白糖が血糖値を上げる、コレステロール値が高くなるなどダイエットの大敵で健康に悪いものだということは皆さんご存知で控えている方も多くいらっしゃいますが、その代わりに甘くてビタミンCが豊富な果物なら大丈夫と、果物を毎日たくさん食べている方も多いのではないでしょうか。

 

その果物にも、実は果糖と呼ばれる糖分が含まれていることを知らない方が多くいらっしゃいます。

 

果糖の摂り過ぎは、上白糖の過剰摂取と同様に血糖値を高めるなど健康を害する原因の一つとなっています。

 

その中でも糖分の摂り過ぎは、特に膵臓に悪影響を及ぼしているのです。

 

果糖の摂り過ぎによる膵臓への影響とは、膵臓ガンのリスクを高めてしまうことが深刻な影響の一つだと言うことが出来ます。

 

そもそも人間の臓器の中で膵臓は、血糖を調整するインスリンを作り出す機能を持っています。

 

様々な果物に含まれる
果糖は血糖負荷が高く、過剰摂取を続けることで膵臓は沢山のインスリンを生産しなくてはいけなくなり、酷使することが臓器への負担となってくるのです。

 

糖尿病を引き起こし、膵臓ガンのリスクを高めるのは、このような仕組みが原因となっています。

 

近頃では、野菜ジュースやグリーンスムージーなどで手軽に野菜や果物を摂取し、朝ごはんの代わりにする方も増えていますが、その中には多くの果物も含まれており、更におやつや食後にデザートとして果物を食べていると毎日多くの果物を、果糖を摂取していることになってしまいます。

 

果物はビタミンCが豊富に含まれていて美容に良いとされている為、特に女性は毎日積極的に摂取している方が多いのですが、ビタミンCなどの体に良い栄養素だけでなく膵臓への負担となる果糖も含まれていることを頭に入れておく必要があります。

 

だからといって全く食べないというのは極端なので、毎日適量を食べて過剰摂取にならないように注意しましょう。
フルーツダイエットをする際には覚えておきたい事です。

果糖の摂り過ぎで、本当に糖尿病になる?

糖尿病は、生活習慣病のひとつに数えられている病気です。
血糖値を下げる役割をもつホルモンであるインスリンが十分に作用しなくなることで血糖値が高いままの状態が続き、疲労や目のかすみ、頻尿といったさまざまな症状を引き起こし、酷くなると合併症状を起こして視力低下や神経障害につながってしまいます。

 

このような糖尿病の原因としてあげられるのが、「ストレス」「肥満」「暴飲暴食」「運動不足」です。

 

インスリンは膵臓という臓器で作られますが、これらの悪い生活習慣や何らかの原因によって膵臓や肝臓の働きが弱り、インスリンを作る細胞が壊されることによって糖尿病を患ってしまいます。

 

また、日本人は遺伝的にもともとインスリンを分泌する力が弱い人が多いとされており、そのような体質に過食や運動不足といった習慣が加わることで発症しやすいとも考えられています。

 

糖分の摂り過ぎは肥満の原因に繋がりますが、糖分は炭水化物や菓子類に限らず、多くの食品に含まれています。
そのなかでも果物に多く含まれている果糖の摂り過ぎで糖尿病になるのか、という疑問を持つ人も少なくありません。

 

果物は、自然由来の食べ物であり、ビタミンやミネラルを多く含む健康的な食品であるといえますが、食べ過ぎには注意が必要です。
糖分にはさまざまな種類があります。

 

一般に体のエネルギーとして使用される糖はブドウ糖であるといわれています。
ブドウ糖は炭水化物や砂糖を多く含む食品に含まれています。

 

脳のエネルギー源ともいわれ、適量が必要ですが、とり過ぎると高血圧を招き、糖尿病の原因になります。
一方で果糖は血糖値に作用することがありません。

 

しかし、肝臓で分解され脂肪に変わりやすい糖であるため、肥満になりやすい糖分であると言えます。
内臓脂肪としてさまざまな臓器に蓄積されるうちに、膵臓についてしまった場合、膵臓の働きを弱めてしまうことに繋がります。

 

このようなことを防ぐためにも、定期的な健康診断を受けて自分の血糖値を把握し、
生活のなかに適度な運動を取り入れたり食べ過ぎを防ぐなど、日ごろから心がけておくことが大切です。

果糖は怖いから、フルーツの酵素だけ欲しい

生のフルーツを食べるフルーツダイエットでは、どうしても果糖の過剰摂取が悩みのタネになります。
生フルーツで内蔵が冷えるのも問題の1つです。

 

どうしても果糖や冷えが気になるのであれば
フルーツをメインとした酵素ドリンクもあります。

 

ここでは雑誌や口コミで人気度・売上データを元に
いくつかご紹介します。

 

どれも価格内容はほとんど同じです。
酵素数や味で続けやすいものを選ぶのが良いですね。

 

すっきりフルーツ青汁


 


 


【特徴】

@コスメで1位を獲得してます。プロのダイエットアドバイザー監修。青汁とフルーツ酵素(80種類)・乳酸菌のダブル作用のドリンクです。ダイエットで崩れがちな美容面もサポートされています。フルーツダイエットで果糖が気になる方をはじめ、酵素量を上げて健康的に基礎代謝を上げたい方にも選ばれているようです。青汁ですがフルーツジュース味です。毎月300名限定で1ヶ月分680円で全額返金保証も付いています。

【特別公式キャンペーンサイト】
>>https://lp.myfabius.jp/

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁


【特徴】

ペコちゃんが広告モデルなフルーツダイエット青汁です。181種類の酵素。実際に−10kgを達成しているので知名度は上がってきているようです。こちらも300名限定価格や返金保証もあります。ほんのり甘いフルーツ味です。

【特別公式キャンペーンサイト】
>>https://specialty-greendrink.jp/s

 

めっちゃたっぷりフルーツ青汁


【特徴】

すっきりフルーツ青汁に似ていますが別会社のフルーツ青汁です。リピート率が97%以上あります。こちらも青汁ですが、フルーツジュースのような味です。さらに、毎月300名限定で1ヶ月分680円で全額返金保証付き。こちらも同じですのでお好みで選んで良いかと。

【特別公式キャンペーンサイト】
>>https://fruits-aojiru.com/

 

フレッシュフルーツ青汁


【特別公式キャンペーンサイト】
>>http://dreamy-beauty.com/

 

フルーツダイエットと相性が良いカムカムダイエット

フルーツダイエットの効率をアップする方法として「カムカムダイエット」があります。

 

肥満の原因となるのは糖質の過剰摂取です。
炭水化物は糖質を多く含み、その炭水化物を食べるとブドウ糖として体内で分解され、血糖値の上昇をおこします。

 

血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌されブドウ糖は中性脂肪に変化し、この中性脂肪が肥満の原因となるのです。

 

糖質を必要以上に摂取すると肥満になってしまうので、ダイエットを成功させたいのなら糖質制限が必要となってくるのです。

 

カムカムダイエットの効果とは、
ゆっくり噛むことにより、少ない量でも食事に満足することができ、糖質制限ができることなのです。

 

 

食事をゆっくりと時間をかけて食べると少ない量でも満足することができます。

 

逆に、早く食べてしまうと、脳が満腹になったことを確認すりよりも前にどんどん食べてしまい、食べ過ぎを起こしてしまいます。ゆっくりよく噛んで食事をすると、脳の中枢神経が刺激され満腹感を感じ、少ない量でも食欲を抑えることができるのです。

 

さらに、よく噛むことにより、身体の新陳代謝を高め、カロリーを消費させ、体脂肪減少にも役立ち、ダイエットにつながるのです。

カムカムダイエットのやり方

やり方は、難しいものではありません。誰でもできるものです。

 

まず、

  • 「一口に入れる食べ物は少なめにし、30回以上よく噛んで食べる」
  • 「毎日欠かさずに体重を量る。肉やチーズ、卵などを積極的に食べる。」

というようにその気になれば誰でもできます。

 

フルーツをよく噛んで食べることで、相乗効果が期待できます。

 

フルーツダイエットによる好転反応

フルーツダイエットの好転反応とは、いわゆる
体のデトックスをする過程で起きます。

 

フルーツダイエットの好転反応では
体の循環を正常化する為の働きなので体は冷やさず、温める様にしましょう。

 

同時にダイエット運動を始めるなら、
フルーツダイエットの好転反応が落ち着いてからすると体に負担をかけません。

 

体の解毒が済んだ後であれば脂肪燃焼もしやすく、体調不良にもなりにくくなります。

 

好転反応は体の不調が元々ある所から起きます

好転反応が出やすい部分は
体の老廃物が溜まりやすい場所なので気をつけてください。

 

好転反応は老廃物が多い程強く出るので、毎日の習慣にしてしまえば、体調不良も起きなくなってきます。

 

フルーツは消化も早く胃に負担をかけないので、空腹の朝食に食べることがおすすめ。

 

フルーツによる活性酸素除去効果と好転反応

人間は代謝や外部からの刺激によって
体のあちこちには活性酸素と言われるサビの様な物が何かしらの形で出来ます。

 

そのサビにフルーツのビタミンは抗酸化作用と言う体のお掃除を始めてくれます。

 

これは代謝を活発にするので脂肪燃焼につながります。

 

 

その上、フルーツには腸内の細菌に働きかける特性もあります。

 

腸内のビフィズス菌などの栄養になるからです。

 

体全体でお掃除を始めると、腸内では便などで出そうとする働きが起きます。

 

フルーツダイエットの腸内好転反応

腸内の掃除であれば、排出回数が増える為にトイレが近くなるなど理由があるんです。

 

排便や排尿をする度に体は軽くなりますが、その間は体もフル回転しています。

 

それは例えば、お腹を壊した時の下痢の時に似ていたりします。
下痢は食中毒などの時に、解毒作用で起こります。

 

つまり体のデトックスが進んでいる時程、排出作業は活発になります。

 

デトックス中(好転中)は、血液の汚れを流したり、汗や排尿から出したりする時に水分が必要になります。

 

頭痛や肌荒れが出た時は水分補給をたくさんしましょう。

 

体に負担が少ない水や白湯を取ると、デトックス効果も高まります。

 

フルーツダイエットの効果は体質改善が目的です。
体重の一時的な変化ではなく、痩せやすい体を作る為に必要なのです。

フルーツダイエットでニキビができる原因

きれいになるために行ったフルーツダイエットなのに、結果としてニキビが増えてしまうことがあります。

 

このニキビができる原因とはホルモンバランスの乱れによるものです。

 

吹き出物とも言える大人ニキビがこのホルモンバランスの乱れによるものにあたります。
ホルモンバランスが乱れてしまう要員として挙げられるのが、睡眠不足やストレスに加えて食事バランスの偏りによるものです。

 

いくらフルーツでニキビに有効なビタミンをたくさん摂取したとしても、ほかの栄養素が足りていないのであればビタミンが完全な働きをすることができなくなってしまうのです。

 

なので、フルーツが悪いというよりもフルーツに偏った食事がニキビの原因となっているのです。

 

意外かもしれませんが、ニキビを増やさないためには油分も必要不可欠です。

 

油分だけではなく、タンパク質も炭水化物も全部大切なのです。
なので、フルーツをたくさん食べることがダイエットとして正常に働きかけられる土台をまずは作りましょう。

 

具体的にいうと、バランスの取れた食事をした上でフルーツの摂取をするという事です。
いつものごはんを完全にフルーツに変えてしまうのではなく、ごはんの量を少し減らしてその分をフルーツとしてまかなったり、間食でスナック菓子などを食べるのではなくフルーツに変える程度のことで充分なのです。

 

また、食材を限定したダイエットではどうしてもストレスが溜まってきてしまいます。

 

ストレスもニキビの大敵です。

 

単品ダイエットでストレスを溜め込んでしまうことがないようにするためにも、様々な食材を食べながら痩せる方法を見つける方が賢い選択なのです。

フルーツダイエットの成功のコツ


フルーツダイエット成功の1番のコツは、糖分の少ないフルーツを食べることです。

  • グレープフルーツ
  • あんず
  • いちご
  • オレンジ
  • スイカ
  • ブルーベリー
  • グアバ
  • ラズベリー
  • パパイヤ
  • レモン
  • ミカン
  • びわ

などなど果糖の少ないフルーツを選びましょう!

 

炭水化物ダイエットとも意外と相性が良いんです。

 

朝のフルーツダイエット


朝のフルーツダイエットのやり方は
主に朝のごはん(白米やパンなどの炭水化物)をフルーツに置き換えるというものです。

 

フルーツに含まれているカロリーは低く、主な成分は水分と食物繊維なので
朝ご飯の代わりに食べることで1日の摂取カロリーを抑えることができるのです。

 

活動に必要な栄養素は含まれているので
安心して続けることができます。

 

食べるフルーツは、なるべくなら新鮮なその時期の旬のものがいいのですが
毎日食べるならいつでもお店に出回っているフルーツが良いでしょう。

朝のフルーツダイエットの組み合わせ

ベストな組み合わせは、食物繊維を多く含んだキウイやパイナップルなどと
水分を多く含んでいるグレープフルーツやいちご、スイカなどが良いでしょう。

 

しかし、柑橘類の酸味は朝からだと胃腸を崩す可能性があるので
胃腸の弱い方はご注意
を。

 

朝のフルーツダイエット注意点

注意点とは、

  • 調理していない生のフルーツを食べること
  • 飲み物はジュースなどではなく、水のみを飲むこと

です。

 

また、面白いように体重が減っていく方もいるでしょうが
体重の急激な減量は身体に異変や不調をもたらします。

 

注意しながら、健康的なダイエットをしましょう。

 

フルーツは、主食やお菓子に比べるとカロリーは低くダイエットには最適ですが
カロリーがゼロではありません。

 

食べ過ぎればその分太ってしまうのは当たり前なのです。

朝のフルーツダイエットの食べる量

食べる量は、好きなだけ食べるのではなくお腹八分目ぐらいのほどほどの量を採ることを
心がけましょう。

 

フルーツダイエットといえども、食べ過ぎは失敗のもとになりますので気をつけましょう。

昼のフルーツダイエット


果物には、たくさんの体に良い栄養素が含まれています。

 

ビタミンやミネラル、食物繊維など、ダイエットにぴったりの食材です。

 

しかも低カロリーなので、満足感はあるのに太りにくいのです。
美容効果も期待できるので、女性にぴったりのダイエット方法だと言えるでしょう。

 

そこで、効果的な昼のフルーツダイエットのやり方についてご紹介します。

 

昼のフルーツダイエットも簡単です。

 

昼ごはんをそのままフルーツに置き換えましょう。
フルーツを、常温で生のままで食べます。

 

昼のフルーツダイエットの組み合わせ

昼のフルーツダイエットのベストな組み合わせとは、
食物繊維の豊富な果物や水分の多い果物を組み合わせて食べることです。

 

パイナップルやキウイ、いちご、梨などが効果的です。

 

食物繊維と水分をたっぷり摂ることで、少ない量でも満足感が生まれるので、太りにくくなります。
さらに、便通を整えることにも適しています。

 

昼のフルーツダイエットの食べる量

昼のフルーツダイエットの食べる量も、腹八分目くらいです。

 

キウイ一つといちご2、3粒や、パイナップルを3分の1と梨数切れなど、食べ過ぎないようにして食べましょう。

昼のフルーツダイエットの注意点

注意点は、やはり食べ過ぎないことです。

 

フルーツは確かに低カロリーで太りにくい食材ですが、果糖と呼ばれる糖が含まれています。

 

そのため、食べ過ぎてしまうと体にあまり良い影響を与えません。

 

昼食をフルーツに置き換えるフルーツダイエットを行うのであれば、朝食と夕食はフルーツ以外を食べましょう。

夜のフルーツダイエット


健康的に美しく痩せたいという方に選ばれているのが「フルーツダイエット」です。

 

食事をフルーツに置き換えるというシンプルな方法も、人気の理由の1つといえますね。

 

身体への負担が少ないということや、おいしく食べながらダイエットすることができるので、ダイエット特有の辛さをあまり感じないので、たのしくおいしく続けることができることから、効果を実感できている方が多く、その反響や口コミも広がっています。

 

夜のフルーツダイエットを取り入れることの意味についてですが、日中に比べてカロリー消費量が少ない夜は、できるだけ食事をおさえることが重要になってきます。

 

そこでやり方として、1食をフルーツに置き換えることで、
最低限の消費量で済むことから、翌日への影響をおさえることができるのです。

 

さらにフルーツに含まれている美容に役立つ酵素成分が、就寝中に働きかけてくれるので、翌朝のお肌の状態に変化が見られるようになってくるのです。

夜のフルーツダイエットの注意点

注意点としては、やはり水分を多く含んだフルーツを組み合わせることです。

夜のフルーツダイエットの組み合わせ

ベストな組み合わせとは、スイカとパイナップル、スイカとグレープフルーツなどがおすすめです。

 

就寝前だとトイレの回数が増えるので食べ過ぎには注意が必要です。
酸味のあるフルーツでは胃腸の弱い方は避けるべきでしょう。

 

夜のフルーツダイエットの食べる量

食べる量とは、あくまでも自分にとっての適量(満腹にならないように)を心がけること、そして注意点とは、飽きが来ないようにベストな組み合わせを自分なりに試してみることです。
フルーツダイエットの醍醐味は、味わいも楽しめるということなのです。

フルーツダイエットに最適な期間

フルーツダイエットに最適な期間とは朝にフルーツを摂取する生活を二ヶ月ほど続けることです。

 

1日の活動の元となる朝ですが、人間の体のサイクル的には消化に向いていない時間帯です。

 

フルーツはフルーツ自体に消化酵素があるので体に負担をかけることなく栄養を補給でき、フルーツには糖分がたくさん含まれているので脳の働きも活発になります。

 

フルーツは食物繊維を豊富に含み便秘解消に役立つ上、脂肪以外の六大栄養素も入っているのでバランスよくダイエットが出来るのです。

 

期間としては人間の体質が変わってくるのが一ヶ月ほどだと言われていますから、効果がないとすぐに諦めてしまうのではなく二ヶ月くらいは続けて様子を見るのが大事になってきます。

 

よくあるフルーツダイエット失敗例

1番は食べ過ぎです。

 

どうしてもフルーツは低カロリーだと思って食べ過ぎてしまうという事です。

 

確かに脂質があまり含まれていない為にカロリーはそれほど高くない物もありますが、糖質も沢山含まれている物もあります。

 

その為、食べ過ぎてしまうと糖質を過剰に摂取している事に繋がる為、人によってはカロリーオーバーとなる可能性もあります。

 

また体内で消費できなかった糖質は脂質に変換されてしまう為、体脂肪率がアップしてしまう事もあるので注意が必要です。

 

フルーツダイエットで逆に太った、、、

 

といケースのほとんどが適量を間違えた事による食べ過ぎです。

 
更新履歴